モルドバ

モルドバの物価は?あなたの知らないモルドバの真実

モルドバ 移住 旅行

モルドバ・・・?

どこだ? モルディブのこと?

いえ、違います。東欧にあるモルドバをご紹介します。

なんでそんなマイナーな国を?って思いますよね?私も思います。

安いので紹介します!!

と言うのは半分冗談で、一応ヨーロッパなので、他の国に旅行に行きやすいし、モルドバ人はなんか素朴な感じの人が多く、好感が持てる人たちが多いんですね。

ということで、安くヨーロッパに移住したい人は、ぜひ検討してみて下さい。

モルドバ共和国

モルドバ マップ

ウクライナとルーマニアに囲まれた国で、これと言って有名なものや産業はありません(笑)。実際はワインが有名ではありますが。

人種は主にルーマニア系で、ウクライナ人やロシア人もいます。また、混血が進んでいるので、エキゾチックな見た目の人もいれば、ロシア系っぽいの見た目の人などいろいろいます。

公用語はルーマニア語ですが、モルドバ語とほぼ同じです。首都はキシナウで、国全体の人口は354万人ほどです。

ちなみに、日本とモルドバが国交を樹立したのは29年前なので、そんなに長くないですが、2000年ごろから、モルドバの貧困農民の支援をしていたようなので、日本に感謝している農民も多いです。

ちなみにヨーロッパはコンセントの形状が違うので、旅行の際は変換プラグを持って行きましょう。変圧器と変換プラグをamazonで調べる

ビザ

180日間に90日以内滞在できます。ヨーロッパはこの仕組みが多いですね。

長期滞在したい人は、学生ビザや起業ビザ、投資ビザがあります。投資家ビザで移住する場合は、10万ユーロ(約1200万円)で移住できます。

詳しくは「投資ビザで移住する方法・ヨーロッパのおすすめ15ヵ国」を参考にどうぞ。

国民性

モルドバの国民性

意外な事に、モルドバ人の性格は、のんびりで、適当、時間にルースと言った、典型的なラテン系の性格の人が多いです。

実は歴史を紐解くと分かるのですが、お伝えしたようにモルドバ人はルーマニア系の人種になります。で、このルーマニアなんですが、2世紀ごろにローマ帝国に征服されたので、多くのローマ人(イタリア人)が移住してきたんですね。

なので、ラテン系の性格が残っているんでしょうね。

ただ、ローマ帝国の後にも、色々な国に侵略されたりしていますので、結構混血されているんじゃないかと推測できますね。

モルドバ情報

ここからは、モルドバの生の情報をお伝えします。

日本ではあまり知られてない国で、ジプシーが多いや、内戦中などと認識されている国だと思いますが、他にも知られてないことが多いので、紹介します。

ヨーロッパ最貧国

ハイそーなんです。最貧国なんです。

だから、安いんですよ。

2018年度の一人当たりのGDPは3220ドルです。ということは、月に3万円弱しか稼いでない事になりますね。

ただこれは平均なので、都会の人はこのくらい、もしくはもうちょっと多いかもしれませんが、その他の地域は農家が多いので月に1万円ちょとくらいしか稼いでないようですね。

そういえば、ウクライナであった学校の先生と弁護士は、月に100ドルくらいしかもらってないって言ってましたね。「親日国家のウクライナに住んでみた」も読んでみて下さい。物価がかなり安いですよ。

通貨

モルドバの紙幣 通貨

通貨はレウといって、2019年9月現在1レウは6,12円です。

通貨の呼び名が数字によって変わるので、例を紹介します。

1レウ(Leu)、2レイ(Lei)、5レイ(Lei)と、レウが単数形でレイが複数形です。

1バン(Ban)、5バニ(Bani)と、バンが単数形でバニが複数形。100バニは1レウです。

最高額の紙幣は1000レイなので、約6000円と貧困国にしてはかなり大きな通貨がありますね。

ヨーロッパで一番観光客が少ない(人口比で)

モルドバは人口に対しての観光客の比率がヨーロッパで一番低いNation Masterより・統計は2008年のもの>

まぁ、そうですよね。あんまり見所もないし、やることもないし・・・。

ヨーロッパにある国で、観光客が最も少なく訪れた国が、ここモルドバです。人口1000人あたりの観光客の数は0,64人です。世界全体で見ても下から5番目に観光客が来ない国ですね。

ちなみに人口比じゃなく、純粋な数を見てもモルドバは169位/188カ国中で、約12万人が訪れています。

ちなみにヨーロッパ最下位は、リヒテンシュタインです。

モルドバ 観光客の数Index mundiより>



実は日本人も住んでいる

2019年1月現在で、モルドバには25人の日本人が住んでいます

何している人なんでしょう?会社経営ですかね?

でもモルドバって、あの中国人も近づかないくらいお金儲けは出来ないんですけどね・・・。

ワインが有名

ワイン モルドバ 有名

10月最初の週末にワインフェスティバルがあり、何千人もの人が訪れる一大イベントです。

今年2019年は、10月4日~10日に開催されるので、興味がある人はこちらの公式ページをどうぞ。

http://wineday.wineofmoldova.com/

世界一大きいワイン貯蔵庫がある

ギネスブック 世界一大きいワイン貯蔵庫 モルドバ

2005年にギネスブックに登録された、世界で一番大きいワイン貯蔵庫があるのは、モルドバです。

200km続く地下貯蔵庫に150万本ものワインが保管されています。国家予算に匹敵するほどの価値があるかもですね。(笑)

ミレシュティー・ミッチ・ワイナリーというところにあるので、モルドバにいる方は是非行ってみて下さい。

<Milestii Miciより>

地球上で2番目にお酒を飲む国

モルドバ人 世界で2番目にお酒を飲む<World Atlas調べ>

世界でも1,2を争うくらい人口当たりでお酒の消費量が多い国です。(一人当たりの統計)

記録を調べてみたら、ある年はモルドバが1位、ベラルーシが2位、またある年はベラルーシが1位、モルドバが2位などなっていますが、平均的にモルドバは2位の座を死守していますね。(笑

世界平均が年間約6Lに対し、モルドバは約15L~18Lと3倍近くあります。まぁ、アルコールが安いし、みんな自分で造っているので飲みまくるんでしょうね。

Wi-Fiがメチャクチャ早い

モルドバに行った人みんなが驚くのですが、WIFIがメチャクチャ早いんです。

なんであまり発展していない国なのに、こんなに早いWIFIを提供できるんでしょうね?

日本の様に靴を外で脱ぐ

モルドバ 靴を脱いで家に入る

旧ソビエト連邦の国によくある事なんですが、モルドバも靴を脱いで家に入る人がほとんどです。

日本人の私達からしたら、当たり前ですが、文化として靴を脱いで家に入る国って、アラブ系やムスリム、ユダヤ人、アジア人など少数の文化みたいですね。

家が汚れるから等の理由で靴を脱ぐ人もいますが、文化的に靴を脱ぐ国は、ヨーロッパでは珍しいです。

凱旋門がある

モルドバの凱旋門

凱旋門?パリにある?

はい、そーです。ぱくっちゃいました。インスピレーションを受けて作っちゃいました。

昼間に見ると大したことないのですが、夜にライトアップされているときに見たら綺麗ですよ。

モルドバの物価

最後になりましたが、モルドバの物価を紹介します。(単位はユーロで、平均値を記載しています)

外食一人4,26ユーロ
コース料理2人で20ユーロ
牛乳1L66セント
パン500g32セント
お米1kg92セント
卵12個入り1ユーロ
鶏胸肉1kg3,35ユーロ
牛肉1kg4,76ユーロ
りんご1kg64セント
バナナ1kg1,3ユーロ
トマト1kg1,46ユーロ
レタス1玉76セント
国産ビール500ml74セント
輸入ビール330ml1,23ユーロ

上記のリストを見ると、そこまでやすい感じはしないですが、まぁ安めですね。ちなみに上記のリストは国全体の平均なのですが、首都のキシナウは平均より安めの価格になっています。

他にも家を借りたり、働くときの参考にどうぞ。

バス1レウ〜(6円)
光熱費など113ユーロ
WIFI8,3ユーロ/月
家賃市内(1bed room)235ユーロ
家賃市外(1bed room)166ユーロ
税引後の給与263ユーロ

<numbeo.com参照>

平均給与に比べ、家賃が高いですね。どうやって暮らしていってるんでしょうね?

まとめ

さあ、これを見てモルドバに住んでみたいって人は少ないでしょうが、ヨーロッパを旅行中にウクライナからルーマニアに行くときに、通り抜ける感じだったらいいんじゃないでしょうか?

私は以前ウクライナにいるときに、ちょっと寄ってみた感じですが、この国に行きたいと思って行く人は、ワイン好き以外は少ないでしょうね。

チケットはこちらで買えるので、気になった人は是非行ってみて下さい!

JTB



Booking.com