タイ旅行・移住

バックパッカーならBooking.comカードを持っていないと損!

バックパッカーなら Booking.comカードを 持っていないと損

国内・海外旅行に頻繁に行く人は必ず持っておきたいカード、Booking.comカードですが、バックパッカーに人気ですね。

海外をバックパッカーとして回っている時は、当然毎日ホテルやゲストハウスに泊まるので、毎日負担がありますよね。

でもBooking.comカードでホテルの支払いをすれば、最大約16%の割引が受けられるので、毎日1000円の宿代を払っていると計算しても、月に4620円もの割引があります。

しかも、年会費も無料で海外旅行保険も付いているので、東南アジアでデング熱にかかっても、中南米で食中毒にかかり、マラリアに感染しても病院代は保険でカバーされますね。(出国から90日以内は適用です)

Booking.comカード

海外移住する前に作っておきたいクレジットカード Booking.comカード
年会費永年無料
種類VISAカード
キャッシュレス診療
海外旅行傷害治療補償100万円(1事故の限度額)
海外旅行死亡・後遺障害最高2000万円(自動300万・利用1700万円)
国内旅行保険有り(死亡・後遺障害のみ)
疾病治療費用100万円(1疾病の限度額)
賠償責任2500万円(1事故の限度額)
携帯品損害20万円(1年間の限度額)
救援者費用150万円(1年間の限度額)
サポート24時間365日・日本語
自動/利用付帯自動
年齢18歳以上
期間出国から3ヵ月

ご存じのホテル予約サイトBooking.comのカードで、三井住友カードが発行しており、バックパッカーや旅人、国内・海外旅行好きに人気のカードです。

なぜ人気なのでしょうか?特徴を紹介します。

Booking.comカードを公式ページで調べる

年会費が永年無料

一番重要なところは、ここですね。「お金がかからない」というところです。

年会費を払う余裕があったら、1日でも長く海外に滞在したいですよね?(笑)

年会費無料とは言っても、他の有料カード以上の特典が付いているんですよ。

キャッシュレス診療とは?

Booking.comカードは、キャッシュレス診療が受けられます。

その名の通り、診療にお金がかからないので金銭的負担が0というものです。

一般的な保険は、病院に行き、費用を払って、その後保険会社に請求するというものです。 一般的な保険の仕組み 

キャッシュレスは、病院に行く(可能な限り、病院に行く前にサポートデスクに電話をして、どの病院に行けばよいか指示を仰ぐ)、病院が保険会社に確認する、保険会社が直接費用を払うので、手出しが一切ありません。

国によっては一時的にとはいえ、ウン百万円も立て替えないといけないこともあるので、キャッシュレス診療は安心できるサービスですね。

海外の田舎の病院だと、キャッシュレス診療に対応していない病院もあるので、ご注意を!

VISAカード

時々JCBカードを持っている人に会いますが、JCBカードは海外では使えないところが多いんですよね。

国際的なブランドと言えば、VISAとMasterカードで、この2つを持っていれば、世界中のクレジットカードが使えるお店での支払いに困ることはありません。

ほとんどのATMでVISAカードは使えるので、現地でお金の引き出しも困ることはほとんどありません。

キャッシュバックが大きい

Booking.comカードという名前を見ても分かる通り、ホテルやゲストハウスに宿泊する人をターゲットにしているカードですので、ポイント還元が半端ないんです!

Booking.comで宿泊代を支払えば、ポイントが宿泊費X5%+通常ポイント1%の6%のポイントが付きます。(専用サイトからの予約が必要です)

しかもこのポイントは、現金として自動でキャッシュバックされます。自動なのでポイントが消滅したり、忘れたりなんてことがありません。

Booking.comカード ポイントバック キャッシュバック

もう一つの特典として、先着5万名様はGenius(ジーニアス)会員にアップグレードができるんです。

通常Genius特典を受けるには、2年間で2回の宿泊利用が必要ですが、先着5万名までは初回から特典を受けることができます。Genius会員になると、上の検索フィルターにGeniusと追加され、対象のホテルに<Genius>と表記がでます。

Booking.comカード ホテル予約 ジーニアス 10%オフ

Genius(ジーニアス)会員とは、言ってみたら、上級会員みたいなもので、以下の特典が受けられます。

  • ホテル料金10%オフ
  • レイトチェックアウト
  • ウエルカムドリンク
  • 空港無料送迎
  • ホテルによっては、アーリーチェックインもあり

ホテルが10%オフは、かなり魅力的ですね。おそらく300バーツのバンガローじゃ、この特典は無いと思いますが・・・。

ホテルによって、「ホテル料金10%オフ」以外の特典は変わります

さて、先ほど紹介したキャッシュバック6%と、この10%オフを合わせて、最大16%の割引が受けられるんですね。(正確に言うと15.6%の割引です)

例)Genius特典のある、1日1000円のゲストハウスに30泊した場合

1000円X30日=3万円ー10%=2万7000円(3000円の割引)

2万7000円X6%=1620円のキャッシュバック

合計 4620円お得になります。

旅行者にはうれしい特典ですよね。

海外旅行保険

これが意外にうれしいのですが、保険にお金を使うなら1日でも長く旅をしていたいですよね?

でも海外で病院にかかると、場合によっては結構な額がかかりますよね。

でもこのBooking.comカードを持っていたら、そんな心配は無用です。

海外旅行傷害治療費用100万円(1事故の限度額)
疾病治療費用100万円(1疾病の限度額)
賠償責任2500万円(1事故の限度額)
海外旅行死亡・後遺障害最高2000万円(自動300万・利用1700万円)
国内旅行保険有り(死亡・後遺障害のみ)
携帯品損害20万円(1年間の限度額)
救援者費用150万円(1年間の限度額)
海外旅行保険適用期間出国から3か月

死亡後遺障害の一部が利用付帯となっていますが、その他は自動付帯です。

  • 自動付帯は、手続きなし・その旅行中にカードの使用の有無にかかわらず、自動的に保障されます。
  • 利用付帯は、自宅から空港までの「バス・電車・タクシー・飛行機」代金をカードで支払うか、「航空機のチケット」をカードで支払う、「出国前に海外ツアー」の料金をカードで支払う必要があります

病気やケガ具合によっては、補償の100万円じゃ心細いこともありますが、たいていの場合は賄えそうですね。

一番いいのは、年会費無料のクレカを2~3枚持っておくのが良いですけどね。

Booking.comカードを公式ページで調べる

2000円プレゼント企画

旅行者・バックパッカーや旅人に人気のクレジットカード Booking.comカード

期間限定なのですが、12月26日~2020年3月31日までにBooking.comカードを契約し、6万円以上使ったら、2000円もらえます。

バックパッカーや旅人なら問題なくこの金額は使うので、ぜひ活用しましょう!

その他の特典

  1. 世界163か国・800のレンタカー会社と提携しており、価格が8%オフになる
  2. 国内・海外ともに紛失や盗難の連絡が24時間年中無休でサポート
  3. ショッピング保障が付いており、年間100万円までの保険があるので、買ったものの破損・盗難などの損害をカバーしてくれる(自己負担有り)
  4. カードを失くしたり盗まれて不正利用された場合は、返金保証あり

利用可能枠は、

  • 総利用枠・・・10万円~80万円
  • カードショッピング・・・10万円~80万円
  • リボ払い・・・0~80万円
  • キャッシング利用枠・・・0~50万円

利用可能枠は旅行で使うには十分な枠があるので、心配はいりませんね。

一つだけ欠点を上げるなら、どのクレジットカードでも海外で使った場合は「海外手数料」がかかるのですが、一般のクレカは手数料が1.6%~1.8%なのに対し、Booking.comカード(三井住友カード)は、2.16%かかります。

例えばアメリカで100ドル(1万円)の物を買ったら、このようになります。

  • Booking.comカード・・・102ドル16セント(1万216円)が請求
  • その他のカード・・・101ドル60セント(1万160円)が請求

大きな差ではないですね・・・。

最後に

Booking.comカードは何と言っても、旅人だったら絶対に使う宿泊費用が安くなるので、必ず作ってから旅に出ましょう。

公式ページで調べる