マルタ

在住者が教える冬のマルタ旅行に必要なものリスト一覧

在住者が教える 冬のマルタ旅行に 必要なものリスト

マルタ共和国は地中海に浮かぶ島国で、アフリカに近いので冬でも日本のように寒くありません。

1月2月でも、最低気温が9度、最高気温が16度なのでちょっと肌寒い日がある秋の日って感じです。

1月のある日に20度まで気温が上がり、一日日向ぼっこをしていた日もあります。こういった日はTシャツ1枚でも大丈夫ですが、4時ごろから肌寒くなり、5時にはジャケットが必要です。

また冬はストームが来ることもあるので、雨風が強い日用の服も必要です。

それでは、12月~3月の冬にマルタに来る人に「持って行った方が良いもの」を紹介します。

Amazonをよく使う方は、Amazonプライムに加入しましょう。主な特典は以下になります。

  • 2000円以下の商品でも送料無料
  • 一ヵ月あたり408円(年間4900円)もしくは1ヶ月ごとの更新で500円/月のプランもあり
  • 時間指定・当日お急ぎ便が無料で利用できる
  • 3万本以上の動画見放題・本読み放題
  • Prime nowが利用できる(東京など一部の地域で2時間以内の配達が無料、1時間便は890円)2500円以上注文時のみ
  • 学生の場合は6か月間の無料期間があり、その後は年額2450円です。Prime studentはこちらからどうぞ

アマゾンプライム30日間無料体験を試す 

必要なもの

冬のマルタ旅行に必要なもの<1月に泳いでいる人もいます>

上の写真のように泳げる日は限られますが、快晴であれば暖かい日はそこそこ多いのです。ですが、一瞬でも雲が隠れると肌寒く感じます。

まずは必要・不必要な防寒着などを紹介します。

薄手のダウンジャケットダウンジャケットは軽いし場所を取らないので、薄手の物を1つ持って行くと、肌寒くなればすぐに羽織れるので重宝します。アマゾンで薄手のレディースダウンを調べるメンズダウンを調べる
ウィンドブレーカー滞在日とストームが重なりそうだったら、1つ持って行きましょう。ウィンドブレーカー男性用女性用
マウンテンパーカーダウンジャケットを持って行かないなら、マウンテンパーカーがおすすめです。男性用女性用をアマゾンで調べる
コート必要なし
手袋必要なし
ネックウォーマー必要ない場合がほとんど
ストールあったらいいかも
ニット帽ファッションとしてならOK。でも防寒着としては必要なし。メンズニット帽レディースニット帽
靴下厚手でなくとも普段使っているものでもOK。私はウールの靴下2つ使います。ウールソックス女性用男性用
ホッカイロ必要なし

ダウンジャケット

ダウンは薄手の物で十分です。薄いものはコンパクトなので、日中日が照って使わないときは丸めてカバンに入れれるし、夕方に寒くなれば着用するといった感じになるので、軽くて邪魔にならないものを持って行きましょう。

ウィンドブレーカー

旅行の日程と雨やストームが重なるなら、1枚持って行った方が便利です。基本的に雨はあまり降らないので、折り畳み傘なんか持って行かず、雨が降ればウィンドブレーカーでしのぎます。(折り畳み傘を持って行ってもOKですよ)

マウンテンパーカー

ダウンジャケットなどを持って行くなら必要ないですが、持って行かないならマウンテンパーカーくらいの厚さのジャケットがあれば、多くの日は大丈夫です。

靴下

私と妻だけかもしれませんが、マルタでは足元が冷えることが多いので、ウールの靴下を使っています。

持って行くと便利なもの

ここからは季節に関係なく、日本から持って行くと便利なものを紹介します。。

ポケットWiFiグループ旅行なら必ず持って行きましょう。3人で使えば1日333円/人で使い放題です。ユーロデータはヨーロッパに特化したポケットWiFiなので、有名なイモトのwifiより断然安いです。スーパーユーロデータ
クレジットカード旅行好きなら海外旅行保険が付いた年会費無料のクレカを持って行きましょう。<Booking.comカード公式ページ>
変換プラグマルタはイギリスと同じプラグの形状なので、コンセントを使うには変換プラグが必要です。マルタで使える変換プラグを購入
変圧器マルタの電圧は230Vで、私が住んでいる所は240Vです。日本のスマホやPCは大丈夫ですがヘアアイロンなどを持って行くなら、必ず必要です。変換プラグ付き変圧器
キャリーバックマルタの道は歩きやすいし、空港からホテルまで送ってくれるシャトルバスがあるので、キャリーバックがおすすめです。キャリーバックを調べる
モバイルバッテリーマルタは絵になる建物や街並みが多いので、写真を撮りまくるし、探し物でスマホを使うことが多いと思いますが、バッテリーが切れたらへこみますよね・・・。モバイルバッテリーを検索する
サブバック特に男性はバックを持ち歩く人が少ないので、旅行中は1つ持って行きましょう。サブバックを検索する
旅行用圧縮袋これがあればカバンにもっと物を詰め込めます。旅行用圧縮袋を検索する
新ビオフェルミンsマルタにはTable waterと言って、海水をろ過した水が混ざっているペットボトルの水が販売されています(ミネラルウォーターも有り)。おなかが緩くなる人がいるので、整腸剤を持って行きましょう。新ビオフェルミンSを購入する

変換プラグ

これを持って行かないとマルタでスマホも充電できないので、必ず持って行きましょう。4つのタイプのプラグが付いているので、マルタ以外でも今後の海外旅行で使えます。

変換プラグ付き変圧器

ヘアアイロンを持って行く女性が多いと思いますが、100Vにしか対応していなかったらマルタでは使えません。必ず変圧器が必要です。

ちなみにこの変圧器は変換プラグ付きなので、これを買う人は変換プラグを別途買う必要はありません。

モバイルバッテリー

ほとんどのスマホを複数回充電できるモバイルバッテリーです。個人旅行はもちろん、グループ旅行なら使いまわしも出来るし、充電のためにホテルに帰ったりしなくていいように必ず持って行きましょう。

クレジットカード

クレジットカードは身分証明にもなるし、3か月以内であれば海外旅行保険が付いたものもあるので、必ず1~2枚は持って行きましょう。VISAカードか、Masterカードは必須です。その他は使えないところが多いです。

下記カードの共通する特徴はこれです。

  • 年会費無料
  • 出国から90日以内の期間保険適応
  • 24時間/365日サポートあり
<Booking.comカード公式ページ>保険は自動付帯と言って、カードを使わなくても保険が適用されます。またホテルに泊まる時にこのカードを使えば、ポイントが宿泊費の5%付きます。
REX Card公式ページ保険は自動付帯と言って、カードを使わなくても保険が適応されます。
<楽天カード公式ページ>保険は利用付帯と言って、カードを使わないと保険が適用されません。
三井住友VISAクラシックカードこちらは初年度、もしくは学生であれば年会費無料で、保険は自動付帯なので、契約しているだけで保険が使えます。

こちらは家族旅行される人におすすめの、クレジットカード・UCSカードです。

年会費は無料ですが、家族全員に保険を適用するため(旅特プラス)には年会費1080円かかります。たったの1080円で家族全員に保険適用なので、ぜひ入っておきましょう。

UCS公式ページ

ホテルじゃなくアパートに宿泊する場合

ホテルに泊まっている人は暖房も効いているので関係ないですが、airbnbなんかでアパートメントに泊まる人は、エクストラで必要なものがあります。

というのも、マルタの家は夏仕様の家なので室内がめちゃくちゃ寒いんです。夏場でも長袖長ズボンを履いてました。(私は)

ましてや冬は夜11時くらいでも、外の気温の方が室内の気温より高いので暖房がききにくい家に泊まってしまったら凍えます。

暖房が効かない事はないと思いますが、念のためです。

厚手の冬用のパジャマを必ず持って行きましょう。

上で紹介したウールの靴下も重宝します。

最後に

最初にも言ったように、マルタの真冬は日本の秋くらいなのであまり厚手の防寒着なんかは必要ないことがほとんどです。

持ち物を軽量化して、カバンの空きスペースにお土産を入れたほうがみんなも喜ぶと思いますよ(笑)