東南アジア旅行・移住

ビーチに持って行きたい ビーチガジェット13選

ビーチに持って行きたい ビーチガジェット13選

私は海外旅行でよく東南アジアのビーチリゾートに行くのですが、というかビーチ以外はほとんど行かないのですが、あののんびり感がたまらないですよね。

波の音で起きて、波の音を聞きながら寝るなんて最高です。

ただし、問題もあります。

ガジェットが壊れやすい、部屋が砂だらけになる、木陰が無いビーチは長居できない・・・などなどありますよね。

今日はそんな悩みを解消する、ビーチに持って行きたいビーチ用品を紹介します。

砂が付かないビーチタオル

ビーチに行ったときは、タオルを敷いて寝転がることが多いと思いますが、砂がタオルの中に入ってタオルが砂まみれになりますよね。

しかも使うのも1回だけじゃないので、毎回洗って砂を取り払ったりします。面倒ですよね。

でも海外では結構有名なのですが、砂が付かないタオルって聞いたことあります?

防砂加工がしてあったり、素材がマイクロファイバーで砂がタオルを通り抜けるといったものが多くあります。

Haleeyというブランド「砂が付かないタオル」の主な特徴は、このようになります。

  • 160X180cm
  • 速乾性有
  • 重さ250g
  • 重さの7倍の水を吸収する(1.75L)
  • 肌触りがコットンの様に滑らか
  • 砂が付かない

デザインもいろいろとあり丸いタイプのタオルもあるので、家族で使うときなんかに長保応します。

何と言っても、「砂がタオルにまとわりつかない」ので、ホテルに帰ってからが超楽になりますよ。

エアーソファー

これかなり役に立ちますよ。

走って空気を入れてソファーを作るものなのですが、私が住んでいたタイの島でもヨーロッパの観光客が良く使っていました。

座り心地も悪くないし、軽いので持ち運びも楽です。

子供がいたら、喜ぶこと間違いなしの一品ですね。ちなみにキャンプ時にも使えると書いていますが、地面に小石が無い場所であれば使えます。

砂場や芝生以外で使うと、穴が開きやすいのでご注意を。

防水カメラ

私は一眼レフとスマホを使っているのですが、さすがに一眼はビーチには持って行きたくないので、ビーチではスマホを使っています。

当然こう言った(↓)防水ケースを使うのですが、海に入って写真を撮っている時はなかなかリラックスできません。

水の中で思いっきり遊んで、水中で撮影をするならやっぱりGo Proですよね。ハウジングと呼ばれる防水ケースに入れれば、水深40メートルでも使える高性能小型カメラです。

サーフィンやダイビングをする人は、ほとんど持っていますよね。かっこいい映像が取れるので。

その他にも、シュノーケリングツアーやアイランドホッピング(ボートで島めぐり)の時にも大活躍です。

値段も3万円からとそんなに高くないので、1つ持っておけばビーチで役に立ちますよ。

Go Pro・amazon公式ページ

ビーチテント

子連れでビーチに行く人や肌を焼きたくない人は必須ですね。最近は、ビーチテントを使う人多いですよね。というか子連れだと、使っていない人の方が少ないかもしれません。

日よけになる以外にも、持ち物が砂まみれにならない、風で持ち物が飛ばされない、盗難にあいにくいと言った利点もありますね。

ビーチ用ピロー

ビーチでうつ伏せに寝そべっている時、息がしにくい事ってないですか?

寝た時に、スマホなどの貴重品を盗まれないか心配になりません?

PODillowが発明したビーチピローは、枕部分の下が物入になっているんです。

シンプルだけど、よく考えたなって思いますね。

これを使っていたら貴重品を盗まれることはまずないし、スマホが熱でやられることもありません。

吊り下げフック

Keemov ビーチアンブレラ 吊り下げフック ビーチパラソルフック ビーチ傘 ハンギングフック 傘フック プラスチック 耐久性 頑丈 汚れなし 簡単にインストール 調整可能 実用 軽量 プールアクセサリー ビーチ ガジェット タオル/カメラ/サングラス/電話/帽子/服/ビーチバッグなど ビーチ キャンプ場 ウォーターパーク 裏庭 ビーチ パティオ 2個
Keemov

ビーチパラソルを使っていて、パラソルの骨組みに物をひっかけたことってありませんか?

タオルだったり、Tシャツや貴重品などひっかけますよね?(私だけ・・・?)

そんな私みたいな人におすすめなのが、ビーチパラソルに付けることができるフックです。

これさえ有れば、砂が付いてほしくない貴重品や服を砂から守れます。

ソーラーチャージャー

【令和最新版&LEDライト付き】 24000mAh モバイルバッテリー ソーラーチャージャー ソーラー充電器 大容量 急速充電 QuickCharge 2USB出力ポート 太陽光で充電可能 防水 耐衝撃 地震/台風/災害/旅行/アウトドアに大活躍に iPhone/iPad/Android対応 PSE認証済 (オレンジ)
Joyhouse JP

ビーチに寝そべってスマホを使っている時に、「これだけ太陽が降り注いでいるのに、使わないのはもったいない。この光を使ってスマホを充電したい」って思ったことありませんか?

これがあれば1週間分くらいの充電ができ、アマゾンでも419個のレビューが付いて星4つです。

2つの充電USBポートがあり、iPhoneXだったら6回のフル充電ができ、ほとんどのスマホにも5~6回の充電ができます。

6か月間の安心保障が付いているので、安心ですね。

ドローン

おそらく日本のビーチでは、ドローンを使って動画を撮影していたら何か言われるかもしれませんが、人が少ないビーチや規制がかかっていない場所なら問題ないと思います。

ドローンで撮影したらすっごくきれいだし、面白いんですよね。違った視点で見るので、全然違う場所の様に映ります。

安いものだったら5~6000円からあるので、人と違う写真を撮りたい人はぜひどうぞ。

セキュリティボックス

貴重品を置いて、みんなで海に入るのって思いっきり楽しめませんよね。

常に自分の持ち物を気にしていないといけないし、盗まれたりでもしたら最悪だし・・・。

ってならないように、携帯できるセキュリティボックスがあります。

ビーチパラソルや、サンチェアーに固定して鍵を掛ければ貴重品を盗まれたり、ホテルや車のカギを失くすこともありません。(もし泥棒がサンチェアーごと盗んだらすみません(笑))

防水スピーカー

Tronsmart Bluetooth5.0 スピーカー 防水 高音質 大音量 IPX7防水 / 20W / 24時間連続再生 / NFC内蔵/マイク/ブルートゥース スピーカー ワイヤレス ポータブル アウトドア お風呂 iPhone & Android対応
Tron-smart

ビーチで音楽を聴きますか?

ビーチでバーベキューなどをやっている時は、ちょっとした音楽があれば気分も乗りますよね。

当然ですが、防水性能付きの物です。

こちらTron-Smartのスピーカーは、防水機能付きで音も良し。フル充電で24時間再生できます。

もちろんBluetooth付きなので、配線は必要ありません。

防水バック

防水・防砂のバックは1つ持っておきたいですよね。

カバンの中が砂だらけになったあの忌々しさから解放されたい人は、こちらがおすすめです。

見た目もおしゃれで、35Lと大容量なので、ご飯に着替えにタオルにと、いろいろ詰め込めます。

カップルや家族におすすめのバックです。

カヤックに行くことがある人は、有名なこちらのバックを持って行きましょう。

水着 メンズ

水着は何を履いていますか?

私はいつもRip Curlのサーフパンツを履いています。おしゃれですもんね。

今使っているものは3~4年使っていますが、まだまだ現役です。デザインも色あせないオリジナルなものなので、重宝しますよ。

すべての水着はこちらからどうぞ。

Rip Curl men

Rip Curl Ladies

着替え用テント

これってすっごく便利ですよね。

海から上がって「さぁ、着替えよう」と思っても、更衣室が遠かったり、人が多すぎたり・・・。

それなら、自分専用の更衣室を持って行きましょう。

たった2.2㎏なので荷物にもなりません。

最後に

今回紹介したもの全て買ったほうがいいとは言いませんが、ビーチライフを充実させるアイテムを紹介したので、気に入ったものがあったら購入してみて下さい。