中南米移住・旅行

キューバの二重通貨制が終了予定!今後は旅行がしやすくなる?

キューバの二重通貨制が終了予定!今後は旅行がしやすくなる?

キューバって、通貨が2つあるって知っていました?

旅行でキューバに行くと、私たちは外国人用のペソを使うので、結構物価が高かったんですよね。

前々から二重通貨を廃止するみたいな話は出ていましたが、ついに少しづつ動きが出てきていますね。

解消されたら旅行もしやすくなるし、国民の生活も楽になるんじゃないでしょうか?

キューバの通貨

前述したように、キューバには2つの貨幣があります。

  1. CUP(Cuban Peso)・・・地元の人が使う通貨・外貨との両替はできない
  2. CUC(Cuban Convertible Peso)・・・外国人用の通貨・外貨との両替可能

私たちが主に使うのはCUC(外国人用)ですが、当然現地人用のペソも使えます。

現地時用のペソを使えば、すっごく安く食事や買い物ができますが、観光客向けの施設では必ずCUC(外国人用)のみの支払いになります。

外国人が使うようなホテルやレストラン、タクシーなんかは、日本やアメリカと大差ない金額なので、出費がかさみますよね。

良い所も悪いところもあるこの二重通貨制ですが、今後はCUC(外国人用)が廃止されるという事なんです。

二重通貨制廃止の動き

キューバ 二重通貨 廃止 <キューバの有名なクラッシックカー・タクシー>

ロイター通信によると、キューバの一部のデパートでは、お釣りを地元の人が使うペソ(CUP)のみで渡す試みをしています。

キューバの中央銀行は、「今は実験段階ですが、市場が混乱せずに良い結果が出れば今後はハバナ以外の地域でも実施していきます」と発表しました。

キューバでは輸入品は外国人用の通貨(CUC)で購入されるため、市場で販売される場合は値段も高価になります。

というのも、1CUP(地元用のお金)=25CUC(外国人用)といったレートになるためです。

旅行やホテル関係の仕事をしているキューバ人は、ドルやCUCの入手が比較的簡単ですが、一般のキューバ人にとっては縁のない通貨なので、住民格差も大きいのです。

こう言ったことを解消するために廃止を検討し、また、数年前から大きめの地元用通貨の発行も始まりました。

ただしベネズエラの経済危機やアメリカの貿易禁輸措置などがあり、厳しい船出になる予想です。

旅行者は?

私たち旅行者は、今後は旅行がしやすくなるのでは?と予想しています。

今までも現地人用のペソは使えましたが、使える場所と使えない場所があったし、電化製品なんかはドルか外国人用のペソでしか買えなかったりしてましたが、通貨が統一されると全ての商品が現地人用のペソで買えるので、どこのお店でも買い物がローカル価格で出来るでしょうね。

ただし物価が上がらないとは言い切れないので、お得かどうかは通貨統一後にしか分かりませんが、少なくとも私たち旅行者にとっては物価の安い国として楽しめるでしょう。