海外旅行ニュース

2020年の世界最強パスポートは日本!ビザなしで行けるのは191ヵ国

日本 ビザなし渡航 191ヵ国 2020年

ヘンリーパスポートインデックス(Henley Passport Index)が2020年のランキングを発表しました。

日本は、2019年は189ヵ国にビザなし渡航ができる国としてシンガポールと同率1位だったのですが、2020年は191ヵ国で単独1位になりました。

ヘンリーパスポートインデックス(Henley Passport Index)とは?


ヘンリーパスポートインデックスは、国民の旅行の自由度に応じたランキングで、ビザなし渡航ができる国が多いほどランクが上になります。

ヘンリーパスポートインデックスは2006年にHenley&Partners Visa Restrictions Indexとして始まったのですが、2018年より今の名称になっています。

対象となっているのは、199ヵ国のパスポートで、世界にある227の国や地域にどれだけビザなしで行けるかでランクが決まります。

このランキングのパスポートのデータベースは、International Air Transport Association (IATA)のデータを使っています。

2020年のランキング

ヘンリーパスポートインデックス(Henley Passport Index)<Henley Passport Indexより>

日本は2019年は189ヵ国で同率1位、2018年は180ヵ国で同率1位だったので、ビザなしで行ける国が増えていますね。

上位は日本、シンガポール、韓国を除けば、ほぼヨーロッパの国です。

ヨーロッパ以外の国で言えば、アメリカ(同率8位・184ヵ国)、ニュージーランド・オーストラリア・カナダ(同率9位・183ヵ国)、マレーシア(同率13位・178ヵ国)、チリ(同率16位・174ヵ国)となっています。

次は下から見ていくと、このようになります。

ヘンリーパスポートインデックス(Henley Passport Index)

アフガニスタン(26ヵ国)、イラク(28ヵ国)、シリア(29ヵ国)、パキスタン・ソマリア(32ヵ国)・・・。

最下位のアフガニスタンでも26ヵ国もビザなしで行けるんですね。どこなんでしょう?

最後に

日本のパスポートを持っていたら191ヵ国もビザなしで行けるようですが、多いですね。

全部制覇できる日は来るでしょうか?

参照・Henley Passport Index 2020