マルタ

マルタのポパイ村へのおすすめの行き方・バス?タクシー?ツアー?シャトルバス?

マルタのポパイ村へのおすすめの行き方・バス?タクシー?ツアー?シャトルバス?

マルタに来たなら、ほぼ全ての人が訪れると思うポパイ村(ポパイビレッジ)。

本当に映画から飛び出してきた街並みが、広がりますね。

それもそのはず。映画のセットとして作られた街ですが、取り壊されずにそのままテーマパークになったので、こんなにアニメのような世界が広がっているんですよね。

マルタ島の北西にあるので、観光客が多く泊まるヴァレッタやスリーマからバスで約1時間かかります。

行く方法はいろいろあるので、ご紹介します。

ポパイビレッジの料金

マルタ ポパイヴィレッジ Popeye village

ポパイビレッジの料金は、夏季、夏季のハイシーズン、冬季料金の3種類があります。

  • 6月・9月・10月・・・・大人15€、子供12€(3~12歳)・開園時間9:30-17:30
  • 7月・8月・・・大人17€、子供13.5€(3~12歳)・開園時間9:30-19:00
  • 11月~5月・・・大人11€、子供9€(3~12歳)・開園時間9:30-16:30

注)冬季料金は11月6日~5月31日まで

ポパイヴィレッジ(ポパイ村)へのアクセス

ポパイ村に行く方法

ポパイ村への行き方は、以下の方法があります。

  1. バス
  2. タクシー
  3. ツアー
  4. レンタカー
  5. シャトルサービス

多くの人はバスかレンタカーで移動していますが、グループ旅行だったらシャトルバスが楽ですよね。

それでは以下にてそれぞれの特徴や行き方を紹介します。

バスでポパイ村に行く方法

バスでポパイ村に行く方法

一番面倒くさいですが、一番安く移動できます。

おそらく皆さんはExplore Card(大人21€・子供15€)を買ったと思うので、追加料金なしでポパイヴィレッジに行けます。

持っていない人はこちら「マルタ旅行に欠かせないバス乗り放題カードTallinja Cardの詳細を紹介」を参考にどうぞ。最寄りのカード販売場所も分かります。

面倒くさいと言ってもそこまで面倒なわけではありませんが、乗り換えが必要になります。

バスを使うメリット
  • 安い
  • ポパイ村だけじゃなく他の場所も見れる

ヴァレッタからポパイ村に行く方法

ヴァレッタからポパイ村に行く方法<ヴァレッタのバス停B6は、このA乗り場の奥にあります>

  • 目安所要時間90分~
  • 料金1.5ユーロ/人
  • 乗り換えが少ないバスのみ紹介しています

ヴァレッタのバス乗り場ヴァレッタB6から41番、42番、49番バスのどれかでSkrajdaまで行き(所要時間約70分)、その後反対側の道に渡り101番のバスに乗ったら最終ストップがポパイ村です(所要時間7分)。

Google mapを開けば、ポパイ村までのバスの時間や番号が見れるのでチェックしてください。

101番は1時間に1本なので、Skrajdaでの待ち時間があるかもしれませんので、ポパイ村から帰る時も、バスの時間を考慮して観光しましょう。

帰りに101番のバスを逃したら、1時間待ちになります。(もしくはお勧めしませんが、歩いてSkrajdaまで行くか・・・<所要時間30分弱>)

スリーマから行く方法

スリーマからポパイ村に行く方法
  • 目安所要時間60分~
  • 料金1.5ユーロ/人
  • 乗り換えが少ないバスのみ紹介しています。

一番簡単なのは、ヴァレッタに行くフェリーが出ている港の前のバス停Ferries 5から222番のバスに乗り(所要時間約50分)、Snajjinで101番のバスに乗り換えると(所要時間約6分)、ポパイ村まで行けます。(Ferries 5のバス停の目の前は駐車場になっていて、多くの車が停まっています)

泊っているホテルがFerries5傍でなくても、222番のバスは海沿いを通っていくので、最寄りのバス停を海沿いで探してみて下さい。

スリーマからポパイ村に行く方法・セントジュリアンからポパイ村に行く方法

ちなみにこのルートを見ると分かるように、セントジュリアンズからも同じバスでポパイ村に行けます。

乗り換えが多いものも含めて、こちらGoogle mapで確認できます。

タクシー

タクシーでポパイビレッジに行く方法
  • 目安所要時間40分~
  • 料金30~40ユーロ/台

タクシー移動をする人はほとんどいませんが、一番簡単なので使う人もそこそこいるようです。

注意点としては、行きは良いですが帰りはバスに乗って帰ることになると思います。

泊っているホテルに「ポパイ村までのタクシー」を手配してもらうよう伝えればOKです。もしくは流しのタクシーを拾うかですね。

料金は30~50€以内に収まるはずです。というのも、空港からゴゾ島行きのフェリーまで30ユーロなので、渋滞につかまっても50ユーロもかからないでしょうね。

ツアーでポパイ村に行く

ポパイ村に行く方法 アクセス
  • 目安所要時間40分~
  • 料金30~50ユーロ/人・チケット付き
  • 1人で行く場合は割高になります

ポパイ村へ行くツアーはありますが、あまりお勧めしないですね。

金額が高すぎるからです。トリップアドバイザーやVeltraは30~50ユーロ/人なので、かなり割高ですね。

しかも特典は、送迎・チケット付きです。あまり特典って感じがしないですよね・・・。

ツアーを考えている人は、シャトルバスサービスを予約したほうがいいと思います。

一応ツアー会社のリンクを載せておきます。

ポパイ村ツアー

シャトルバスで行く

マルタ シャトルバスサービス<写真はゴゾを拠点としたシャトルバス会社・Frank Garage>

  • 目安所要時間35分~
  • 料金60ユーロ~/台・往復

グループ旅行だったら、シャトルバスが移動しやすいですね。

下のスクリーンショットは、airportcitytransfer.comからの引用で、ヴァレッタ発の料金ですが、4人までならセダン車で1台30€(往復60€)、10人までならミニバンで45ユーロ(往復90ユーロ)、14人までならミニバスで50ユーロ(往復100ユーロ)です。

シャトルバスでポパイビレッジに行く方法

シャトルサービスだと、1台当たりの値段なので人数が多ければ多いほど安くなりますね。

こういったサービスは指定の場所(ホテルなど)に迎えに来てくれて、帰りのピックアップ時間も選べるので、気兼ねなく楽しめます。

当然送迎だけなので、現地でチケットを買わなくてはいけません。

レンタカー

  • 目安所要時間35分~
  • 料金7ユーロ~/日
  • 保険加入済み・海外での運転に慣れている人におすすめ

国際免許を持っている人は、レンタカーを借りたら移動がかなりしやすく、1日で主要な観光地を周ることも可能ですね。

私たちはBooking.comでマルタのホテルを予約したのですが、その時にレンタカーの広告が出てきてそれ経由だと、1日7ユーロから借りれました。

まだマルタINしていない人は、Booking.comでホテルを予約してみて下さい。(注・PCで予約すると毎回レンタカーの広告が出ますが、スマホではどうか分かりません)

日本と同じ左側通行なので運転もしやすいですが、慣れない土地なので気を付けて下さいね。

ただし、私たちは海外旅行保険にも入っているので借りましたが、旅行保険に入ってない人はレンタカーを借りる時に保険を追加することをお勧めします。

また、「海外旅行保険が付いた年会費無料のクレジットカード5選」で、海外旅行に行く人なら持ってないと損!っていうくらいのクレカを紹介しているので、是非読んでみて下さい。

最後に

ポパイビレッジはすごく写真映えするし、ここに来たいが為にマルタに来る人もいるので、是非みなさんも自分に合った行き方で行ってみて下さい。