マルタ

マルタ在住者に聞く生活費や物価・意外に高い?マルタの生活費

マルタ在住者に聞く生活費や物価・意外に高い?マルタの生活費

日本から多くの人がマルタに旅行に来ますが、在留邦人数は約170人(2017年現在)と、あまり多くないですね。

旅行で行くとホテルに泊まったり、外食ばかりになるので結構費用が掛かりますが、実際に住むと結構安く生活できます。

おそらく、1週間のマルタ旅行で使う金額=1ヶ月の生活費くらいだと思います。

1ヶ月の生活費

マルタ 1ヶ月の生活費

私たち一家はゴゾ島の田舎に住んでいるので食費と交通費が少し高いですが、マルタに住んだとしてもほぼ同じくらいになると思います。

金額は家族3人(大人2人・赤ちゃん1人)の合計です。

家賃380ユーロ/月・約60m2
光熱費70~80ユーロ(冬)
水道代約30ユーロ
インターネット25ユーロ(Goという会社・400GB/月)
飲料水30ユーロ/月
交通費約50ユーロ
食費430ユーロ
外食・交際費50ユーロ
保険17ユーロ
合計1072ユーロ

家族3人の1ヶ月の生活費が1000ユーロちょっとなので、日本よりかなり安く生活できています。

光熱費は冬は高いのですが夏は全然かからないので、年間の月平均は50ユーロくらいだと思います。

保険は今は旅行用の物を使っているので安いですが、今後は一家3人で60ユーロ/月ほどのものに変更する予定です。

今使っている保険は、「ヨーロッパ在住者におすすめの海外旅行保険・一家3人35ユーロ/年から有り」で紹介しているので、こちらもどうぞ。

家賃

マルタ 家 在住者<収納がなくて散らかっていますが、ダイニングです>

家は2DKで60m2とそんなに大きくない家だし、不動産業書を通さずにオーナーと直接交渉したので380ユーロと結構安いですが、これが一般的なマルタ人が払っている家賃です。

業者を通したり、モダンな造りの家を借りると、家賃は700~1200ユーロくらいで多くありました。

近所のマルタ人も、大体300~400ユーロの家賃を払っているので、ローカルプライスですね。

この家に決めたのは、ビーチが目の前にあるからなんです。徒歩30秒でビーチです!

水道光熱費

光熱費は夏と冬で大きく違いますが、冬は暖房を使わないと家が寒いので電気代が上がります。

マルタ自体は温暖な気候で冬でもそこまで気温は下がらないのですが、マルタの家は「夏の暑さはいかに遮断するか」を目的に作られているので、冬は寒いんですよね。

日中も夜も外の方が暖かい日が多くあるので、出かけたくなりますね(笑)

飲料水

マルタ 飲料水 ウォーターサーバー 値段

飲み水はウォーターサーバーの配達を頼むことが出来、上の写真は11Lで2.65ユーロで、ボトルのデポジットが10ユーロほど掛かります。

EcopureH2onlyの配達車をよく見かけるので有名だと思います。

交通費

マルタ バスカード 在住者

マルタの移動はバスがほとんどになります。当然車を持っている人が多いですが、ヴァレッタやスリーマなどの大きい街にいたら、車なんて邪魔になるかもしれないです。

私たちは田舎に住んでいますが、マルタのバス網は発達しているので特に困ることもないですが、たまに1時間待たないと次のバスが来ない!なんて時は、「やっぱり車がほしいな・・・」って思いますね。

交通費はマルタに住所を持つと、ローカル用のバスカード(Tallinja)が申請できます。

バスの片道料金が75セント、月額最大26ユーロまでしかチャージされないので申請しないと損ですね。

マルタのバスについては、「マルタ旅行に欠かせないバス乗り放題カードTallinja Cardの詳細を紹介」で解説しています。

また、在住者用のカードは下記リンクから登録できます。

Tallinja Card

食費

マルタ スーパーマーケット Greens 物価

私たち一家は基本的に外食をほぼしないので食費は日本に比べ安めですが、前に住んでいたドイツに比べると若干高めです。

私たちが良く行くスーパーは、ドイツにもあるLidlやGreensというところで、果物や野菜は高めですね。

週3回ほど近所に小型トラックで野菜などを売りに来るので、そこでも買うようにしています。スーパーに比べ、値段は若干安いです。

外食費

マルタ 外食費

外食はほとんどしないのですが、レストランに行くときはコース料理を頼むことが多いです。

海沿いのレストランなんかでも、結構安いんですよね。

前菜、メイン、デザート付きで20ユーロくらいであります。

観光地でもちょっと離れたところにあるレストランは、12ユーロでコース料理が楽しめるので日本に比べて激安ですね。

最後に

生活費は水準を上げれば当然高くなるし、私たちの様に質素に(笑)暮らせば生活費を抑えることが出来ます。

一番大きな割合は家賃になると思うので、マルタ人が住むような家に住むか、お金持ちの外国人が住むような家に住むかで、天と地ほど変わってきます。

特にマルタは治安がいいので普通の家に住んでも問題ないと思いますが、ここは個人の好みになりますね。

また、ヴァレッタなんかに住もうと思ったら、800~1000ユーロの家賃はかかると思ってください。

「在住者が教えるマルタ共和国の家事情・移住の基礎情報」でマルタに住むうえで知っておきたい情報をまとめてので、あわせて読んでみて下さい。