ドイツ

在住者がドイツの物価を紹介!ドイツの生活費は意外に安い

在住者がドイツの物価を紹介!ドイツの生活費は意外に安い

ドイツと言えばEUの盟主で経済も発展しているし、観光国でもあるので物価が高いイメージがあるかもしれませんが、実際はそんなことは無いんですよ。

一般的に首都は他の都市よりも高い傾向がありますが、ベルリンなんて他の地域に比べてもすごく安いんですよね。

観光客としていく場合は、観光客なのでお土産や食事、入場料なんかで出費がかさみますが、実際に住むと日本より全然安く住めます。

ちなみに我が家は、家族3人で月700ユーロ以下で暮らしています。

ドイツの物価

ドイツ 物価

まずはドイツの1人当たりのGDPや、平均月収を紹介します。

  • 1人当たりのGDP・4万7803ドル(日本は約4万ドル)
  • 税引き後の手取り給与・2251ユーロ(約27万5400円

1人当たりのGDPで見るとドイツは日本より高いですが、平均給与は日本の方が高いですね。

都市別の手取り給与は、こうなっています。

  • ベルリン・・・2304ユーロ(約28万円
  • フランクフルト・・・2595ユーロ(31.7万円
  • デュッセルドルフ・・・2234ユーロ(27.3万円

家賃

ドイツの家賃

首都のベルリンの家賃を紹介します。

市内中心部・1bed room約630ユーロ~
市内中心部・3bed room約1000ユーロ~
中心部外1bed room約450ユーロ~
中心部外・3bed room約900ユーロ~

1ベッドルームは高いですが、4LDK(3ベッドルーム)は許容範囲だと思います。

ベルリンではエージェントを使って部屋探しをするのが一般的ですが、知り合いづてだともっと安く探せます。

ヴァルシャウアー・シュトラーセに住んでいる友達は、知り合いづてに3LDKのフラット(アパート)を借りて、家賃は約800ユーロです。

大都市でなく田舎の方だと安い物件も多いのですが、以前「ドイツで家賃が一番高い都市は、シュトゥットガルトに!郊外も家賃上昇中」で紹介したように、ここ最近では田舎の家賃も上がっていっています。

私が住んでいる所は、ドルトムントから30分ほど行った小さな町ですが、参考までにアパートの家賃を相場を紹介します。(今住んでいる所は妻の実家がある地域なので、金額は私たちが知り合いづてに探していた時のものです。エージェントを使うと値段は若干上がると思います)

  • 2LDK・3LDKは450ユーロくらいから
  • 4LDKは650ユーロから

ちなみにこの辺には、1ベッドルームはほぼありません。見たことが無いし、聞いたこともないです。

家を借りるとなると、古めの物件3LDKで600ユーロくらいからあります。

ドイツで庭付きの一軒家を購入もしくは賃貸した場合は、敷地内に降り落ちる雨にも料金を払わなくちゃいけません!

うちの敷地面積は400m2くらいで、年間80ユーロほど払っています。

家を買う場合

ドイツで家を買う値段

ベルリンで家を買う場合は、相場がこのくらいになります。

  • 市内中心部・1m2あたり5863ユーロ(71.7万円
  • 中心部外・1m2あたり3800ユーロ(46.5万円

3LDKで100平方メートルとしたら約4600万円~7100万円と、考えたくもない金額になりますね。

有名な不動産会社のHPを3つ確認してみましたが、1ベッドルームで2000万くらい、3LDKが4000万円くらいからが相場になっていますね。

ただし、私が住んでいるような郊外で家を買う場合は、ベルリンに比べると安いです。

上の写真はご近所さんが今家を建てているものなんですが値段を聞くと、30万ユーロほどでした。

新築の家を建てて相場は30万ユーロ(3600万円)、程度の良い中古物件も同じくらいの25万ユーロ(約3000万円)くらいであります。

光熱費

光熱費は夏と冬で大きく変わってきて、冬は暖炉があるかどうかでも変わってきますが、私たちは2世帯住宅で家族5人が住んでいて、200ユーロ(2万4000円)ほど平均でかかっています。

学費

ドイツ 学費

ドイツの公立校では基本的に13 grade(18歳)まで学費は無料です。Kindergarten(幼稚園)は収入や地域によって変わりますが、私がいる地域の幼稚園は、収入の10%となっています。

ただし、私がいる地域は2020年から無料になります。

私立の学校は、一般的にはこのくらいかかっているようです。(出典・numbeo.com)

  • 幼稚園・・・174ユーロ/月
  • インターナショナルスクール(小学校)・・・3000~8000ユーロ/年

注)インターナショナルスクールはもっと高いところもありますが、平均的な金額を紹介しています

以前「ヨーロッパに教育移住?インターナショナルスクールの都市別学費ランキング」でも紹介したのですが、ベルリンは安い学校だと年間の学費が28万円ほどであります。

大学は1セメスター当たり300ユーロくらいかかります。日本に比べたら、激安ですね。

食費

ドイツの物価 スーパーマーケットの値段

ドイツはLidlやAldiなどの安いスーパーがあるので、食費は日本に比べ全然安いです。安いスーパーと言っても、BIO(オーガニック)商品も多く質も高いですよ。

以下に紹介するのは平均値の価格なので、スーパーによっては安い所もあるし、セール時などはもっと安いです。

ミルク1L81セント
パン500g1斤1.2ユーロ
白米(ミルヒライス)500g50セント~
卵12個入り1.5ユーロ
チーズ1㎏8.7ユーロ
鶏むね肉400g3.5ユーロ
牛肉ステーキ400g4ユーロ
リンゴ1㎏1.7ユーロ
バナナ1㎏1.4ユーロ
オレンジ1㎏2.2ユーロ
トマト1㎏1.4ユーロ
ポテト1㎏1.4ユーロ
玉ねぎ1㎏1.4ユーロ
レタス1玉1ユーロ
ワイン3ユーロ~
国産ビール500ml60セント~
輸入ビール330ml1ユーロ~

注)白米はミルヒライスという種類が一番日本米っぽいです。

さすがドイツ!ビールはかなり安いですね。

私がいる地域では、一般的にビールを買うときはTrinktgutという酒屋に行くのですが、ほとんどの地域でも酒屋に行ってお酒類を買うと思います。

スーパーより安いことが多いですね。

外食

ドイツ レストラン 外食の値段<クリスマスディナーをやったレストラン・メニューはほとんどが12ユーロ、高いもので24ユーロでした>

ドイツは外食も基本的に安く、ベルリンなどの大都市ならお手頃な価格のレストランがごまんとあります。

  • テイクアウト(ケバブなど)・・・2ユーロ~
  • カフェでコーヒー・・・1.8ユーロ~
  • レストランでランチ・・・6ユーロ~
  • レストランでディナー・・・12ユーロ~

ホテル・ホステル

ドイツのホテル 宿泊費

ホステルはそこまで安くないのですが、ホテルは安い値段からあります。

ホテルはダブルルーム(2名1室)でも3000円ちょっとからあるので、かなりお得ですね。

ただしホステルのドミトリールームも、同じくらいの値段からあります。なので、一人がいい人はホテルに泊まったほうがコスパが高いです。

ベルリンなら、EASY Lodges Berlin Pension 6は、ダブルルームなのに安いのでおすすめです。

生活費

ドイツ 生活費

最初にも紹介しましたが、私たち3人家族の1ヶ月の生活費は、700ユーロ弱です。

2世帯住宅で妻の両親と住んでいるから家賃が安い(光熱費込み200ユーロ)し、田舎なのであまりお金も使うところが無いので家賃抜きの生活費は500ユーロほどです。

「ドイツ在住者に聞いた移住の本音とドイツの生活」で紹介した、バイエルン近郊に住んでいる在住者は、家賃や生活費等すべて込みで約15万円ほどと言っていました。

日本にいる時のようにお金を使う機会が減るので、生活費はそこまでかからないですね。

最後に

ドイツでは公園や森、川など自然と触れ合うところに出かけることが多いので、日本のようにショッピングモールでお金を使うことも多くないです。

とは言っても、ショッピングなどに行けばいくらでもお金は使えるので、ライフスタイルによりけりです。