マルタ

マルタカーニバルが2月中旬に開催!最高に楽しめるイベント!

マルタカーニバルが2月中旬に開催!最高に楽しめるイベントです

マルタ・ゴゾで毎年あるカーニバルが、今年も開かれます。

メイン期間は2月21日~25日の5日間ですが、マルタでは20日にオープニングセレモニーが、ゴゾ島のナドゥールでは2月16日から徐々に始まり25日が最終日です。

この期間にマルタ旅行に行く人は、必ず見逃さないようにしましょう!

マルタカーニバルとは?

マルタカーニバル Malta carnival

マルタカーニバルは派手な格好でダンスをし、参加者も観客もコスチュームを着て楽しんでいるのですが、起源はイエス・キリストにあります。

本来の趣旨は、「キリストが伝道を始める前に荒野で40日間断食と瞑想を行ったことにならい、節制をする」という宗教行事なのですが、今ではお祭り騒ぎですね。

このカーニバルは1535年から続く歴史の長いもので、多くの村や町で開催されます。

インターネットには主にヴァレッタのカーニバルが紹介されていますが、私はマルタ島の住民に「ゴゾのカーニバルがやばいよ!」って言われました。

まぁ、メインのカーニバルは5日間あっているので、皆さんもどちらも行けると思います。

マルタカーニバルのプログラム

マルタカーニバル Malta carnival<ゴゾ・カーニバルのオープニングセレモニー>

2020年のマルタカーニバルのプログラムの予定は、以下の様になっています。

日にち時間場所
2/20(木)未定Pjazza Teatru Rjal, ヴァレッタ(オープニングセレモニー)
2/21(金)17:30-20:15セントジョージ広場 ヴァレッタ(ダンス・パレード)
2/22(土)9:30-11:30セントジョージ広場 ヴァレッタ(Children’s carnival)
13:30-セントジョージ広場 ヴァレッタ(ダンス・パレード)
17:30-ヴァレッタシティーゲート(カーニバルやバンド演奏等)
2/23(日)9:30-ハムルーン/Hamrun(パレードなど)
12:30-Castille Place, Valletta. Great Siege Road, Floriana to Glormu Cassar Avenue,Castille Place, Merchants Street, Archbishop Street, Republic Street to City Gate.(Special Sunday Carnival)
14:30-19:30セントジョージ広場(ダンス・パレード)
2/24(月)10:00-13:00セントジョージ広場(ダンス・パレード)
16:30-21:00Castille Place, Merchant Street, St George’s Square, Republic Street, ヴァレッタ(ダンス・パレード)
2/25(火)10:00-13:00、18:30-21:00セントジョージ広場(ダンスなど)
18:00-St Anne Street(カーニバルのグランドファイナル)

最後のグランドファイナルは、ヴァレッタシティーゲートからヴァレッタと反対方向に数分歩いたところがSt Anne Street(セントアナストリート)になります。

基本的にヴァレッタのメインストリート・リパブリックストリート沿いでイベントがあっているので、ここにいたら重要な事は見逃すことは無いですね。

<以下写真はゴゾ島のカーニバルより>

マルタカーニバル Malta carnival

グランドファイナルの日は、中国っぽい着物を着たブラスバンドが演奏したり、電気自動車が走りました。

マルタカーニバル ゴゾカーニバルマルタカーニバル ゴゾカーニバル マルタカーニバル ゴゾカーニバル

ゴゾカーニバル

ゴゾ島カーニバル Nadur

ゴゾのカーニバルも基本的にヴァレッタと同じようなプログラムですが、規模が小さいです。

私たちは子連れなのであまり混雑していない方がいいのですが、それでもやっぱり中心部はかなり込み合っていました。

ゴゾカーニバル ゴゾ島のカーニバル<中心部に近づくと歩くところがないくらい混んでいました>

日程は2月16日~25日の10日間で、メインの場所はビクトリアとナドゥール(Nadur)になります。

ビクトリアのカーニバルはインディペンデンス・スクエア―(ゴゾ大聖堂へ行く途中にありる広場)がメイン会場で、ヴァレッタの様にコスチュームを着たダンサーが踊る家族向けのカーニバルです。

実際にコスチュームを着ている人は子供ばかりで、コスチュームを着ている大人は、カーニバルの参加者(ダンサー)ばかりでした。

お酒の販売もなく、出店がいくつかあっただけです。

ただし、ナドゥールのカーニバルは一味違うんですね。

ちょっとコアな感じのカーニバルで、こちらのほうが一般的なカーニバルのイメージに近いと思います。

一般的というと、お酒を飲みまくっていてカオスな感じです(笑)。ビクトリアのカーニバルよりも人がかなり多く、かなり楽しんでいました。

公式ページによると、ナドゥールのカーニバルは伝統的で、自発的に行われる感じなのです。

自発的の意味は、ここではオーガナイズしている実行委員会がないんです。そして特徴として、「There is No Rules(ルールがない)」と紹介されています。

また、ナドゥールでもコスチュームを着た人ばかりですが、「コスチュームを着る意味は、他の人に自分が誰だか分からないようにする」のが目的で、ここのカーニバルの別名は、「The Silent Carnival(静かなカーニバル)」と呼ばれています。

声を出すと自分が誰だかばれるので、あまりしゃべらないとの事なんですね。

注)実際に行ったら普通にみんな喋ってました(笑)

最後にゴゾへの行き方を簡単に紹介します。

  • 空港から・・・X1のバスでチェルケウア(Cirkewwa・最終ストップ)まで行きフェリーに乗る
  • ヴァレッタから・・・41番もしくは42番バスに乗りチェルケウア(Cirkewwa)まで行き、フェリーに乗る

詳しくは下記を参考にどうぞ。

最後に

1年に1回の大きなお祭りなので、この期間にマルタに来る人は必ず参加してみましょう。

普段はあまり陽気じゃないマルタ人も、かなりハッピーにカーニバルを楽しんでいますよ。

その他のマルタ関連の記事はこちらからどうぞ。