タイ旅行・移住

<タイ>ノービザで長期滞在する方法

タイにノービザで長期滞在する方法

こんにちは。

先日タイに長期滞在をする方法を紹介したのですが、今回は、ビザなしで長期滞在する方法に焦点を当てて、紹介します。観光ビザを取得しながらの長期滞在方法は、「2019年・タイで簡単格安にビザランをする方法」を参考にどうぞ。

ビザなしで長期滞在する利点は、マレーシアやラオスの大使館に行かずに済むので、他国に滞在するのが面倒な人や、時間がない人にはうってつけです。

タイの近隣国の大使館でシングルエントリービザを申請すると、移動も含めてだいたい5日ほどかかるので、ちょっと面倒臭いですもんね。

私はノービザで入国し、ビザランを繰り返して長期滞在を毎年しているので、最新情報だと思います。

ペナンでビザ取得を検討している方は、こちら「タイからマレーシアのペナンに行き、シングルエントリービザを取得する方法」を参考にどうぞ。

ビザ免除

タイ ビザ免除 ノービザ

日本国籍で、タイ入国後30日以内の観光目的の滞在であれば、ビザなしで入国できます。(タイ国政府観光庁HPより

このビザなしとは、観光ビザ免除という意味で、一般的に言われる「アライバルビザ」とは違ったものになります。(観光ビザ免除については、こちらのタイ王国大使館のHPに詳しく書いています)

<私は以前アライバルビザとノービザを混同していたのですが、読者の方からご指摘いただき、いろいろ教えてもらいました。ご指摘された方、ありがとうございます。>

よくパスポートランキングで日本が1位になったとか聞きますが、あれはビザの取得が必要なく入国できる国の数で、一番だったと言うことですね。

ちなみに2019年現在は、190カ国にビザなしで行けます。(参照・ヘンリー&パートナーズ)

タイのビザ事情

タイ ビザ

さて、タイはと言うと、もちろん私たち日本人はビザなしで入国でき、30日まで滞在できます。
以前はビザランの回数制限がなかったので、タイ→マレーシア→タイ→マレーシアなんて言うのを何回もできていましたが、2016年ごろから結構規制が厳しくなって、ビザなしでの入国回数が年間2回までという制限が出来ました。

まぁ、ぶっちゃけて言うと、イミグレーションの担当官次第ってところもあるのですが・・・

というのも、私は2017年・2018年も、4回ビザランに行きました。

年前半に2回、それからヨーロッパに5ヶ月ほどいて、2017年後半に2回です。フライトで入国すれば問題なさそうです。

また、ビザランが2回までと言われていますが、例えばマレーシアのペナンでビザを取って、タイに再入国すれば特に問題がないのです

おそらくノービザで、連続してのビザランが2回までってことだと思いますけど・・・

ビザなしで長期滞在する方法

タイ ビザランの仕組み 延長方法

コチラを説明します。

まずは入国した時に、30日滞在できます。

で、これは知らない人が多いのですが、このノービザで入国した場合も滞在期間を延長できて、+30日なんですね。(ビザの延長は、イミグレーションでできます。証明写真2枚、1900バーツ必要)

以前は、ノービザで入国した時の延長は+7日だったのですが、2年ほど前から+30日になってました。

ここまでで、60日の滞在ですね。

次に1回目のビザランに行って+30日。(問題なくビザランに行けます。)

それをもう一度延長(2回目のビザ延長)して、+30日

これで、120日の滞在です。

次に2回目のビザランに行きます。+30日

ここまでで、150日の滞在です。

で、上記にも書いたように、3回目のビザ延長は、出来るか分かりません。というのは、私がやったことないからです。

これは担当官によると思いますが、理論上はできるはずです。

3回目のビザ延長が出来たら、180日の滞在。出来なくても150日の滞在が出来ます。

ちなみに私のビザランはこんな感じでもやっていました。

例)タイーマレーシア間

タイのカスタムで出国スタンプをもらい、マレーシア側までバイクタクシーで移動し、マレーシアの入国スタンプをもらいます。

そのままマレーシアの出国カウンターに行き、出国スタンプをもらい、タイにバイクタクシーで戻り、タイのカスタムで入国スタンプをもらいます。

なので、マレーシア滞在時間は5分くらいですね。

もっと長期滞在したい人へ裏技

タイに長期滞在する裏技

150−180日ビザなしで滞在した後に、もっとタイにいたいと言う人は、もう一度ビザランに行き(3回目のビザラン)観光ビザのシングルエントリーを取得しましょう。

「タイからマレーシアのペナンに行き、シングルエントリービザを取得する方法」

このビザは、60日の滞在ができ、30日の延長が出来ます。(2−3回ビザを延長した後に、延長できるか分かりませんが・・・)

通常ビザがあれば、入国拒否されることはないです。(ビザを取得する時に、拒否される可能性はありますが・・・)

大使館でビザを拒否されたら、最終手段である、飛行機を使ってタイに再入国します。

フライトでの入国に制限がないので、お金はかかりますが、隣国に陸路で行って、飛行機でタイに戻ると言う方法です。

3回目のビザランに行く時に、「次は入国できない」ってイミグレーションに言われることがありますが、1、大使館でビザを取得、2、飛行機で再入国であれば、断られることはないと思います。(ビザを取る時に拒否される可能性の方が高いですが・・・)

まぁ、イミグレで止められないように、こちら入国審査で止められるのはこんな人だ!も読んでみて下さい。

ノービザを延長して300日滞在する方法

ノービザで一番長期滞在できるのは、3回目のビザランが翌年になっていることです。

というのも、ビザランの規制はカレンダーの1年以内の話なので、翌年になれば、ビザランに行った回数は0にリセットされるからです。(イミグレーションで確認済み。)

図で説明します。

ビザランで長期滞在する方法
このように行ければ、1月からビザラン X2 ビザ延長 X2で120日の延長で、トータル300日の滞在ができます。

この様に長期滞在をするなら、他にも色々な方法があるので、「タイに移住する7つの方法徹底ガイド」も是非読んでみて下さい。

ビザを延長できるオフィス

持っていくものは以下で、記入書類はオフィスにあります。

  1. パスポートとコピー1枚
  2. 写真2枚(1枚でいいところもありますが念のため)
  3. 申請領1900バーツ

バンコク イミグレーション

プーケット イミグレーション

チェンマイ イミグレーション

ラノーン イミグレーション

パタヤ イミグレーション

最後に

ここまで書いてあれなんですが、こんなに長期滞在したい人は、観光ビザを取った方が簡単ですけどね・・・

あと、このビザラン は体験談ですが、ご自身の責任で行なって下さいね。

ちなみに、ビザランを繰り返しているとパスポートにスタンプが溜まって、私はイミグレや税関で怪しまれたり、別室に連れて行かれたりしました・・・。

帰国後の仕事探しは、こちらバックパッカー・旅人にオススメの短期アルバイトサイト3選を参考にどうぞ。海外にいるうちにバイトを見つけて、帰国してすぐに働いて、また海外に出ましょう!